別所温泉緑屋

2023年7月プレオープン 2023年8月グランドオープン
多様なアクティビティでの利用が可能な、広い庭園と一体になった旅館です。

  1. 自然素材を主体にした上質なくつろぎの空間
    地場産材や地域の伝統工芸を生かして、この場所ならではのくつろぎの空間を作ります。
  2. 旧緑屋旅館の古材の活用による歴史の継承
    旧緑屋旅館の古材を活用することで、緑屋の130 年の歴史と共に新しい時代の価値観を創造します。
  3. 庭園と一帯になった内と外を楽しめる空間
    庭園を直に楽しめる散策路、半屋外の炭火焼スペース、大判ガラスによって外部の景色を取り込むリビング・ダイニング等、さまざまな庭園の楽しみ方ができる空間を作ります。
  1. 自然素材を主体にした上質なくつろぎの空間
    地場産材や地域の伝統工芸を生かして、この場所ならではのくつろぎの空間を作ります。
  2. 旧緑屋旅館の古材の活用による歴史の継承
    旧緑屋旅館の古材を活用することで、緑屋の130 年の歴史と共に新しい時代の価値観を創造します。
  3. 庭園と一帯になった内と外を楽しめる空間
    庭園を直に楽しめる散策路、半屋外の炭火焼スペース、大判ガラスによって外部の景色を取り込むリビング・ダイニング等、さまざまな庭園の楽しみ方ができる空間を作ります。
街路に面したコミュニティスペースを持つ、まちに開かれた素泊まり旅館です。
  1. 街に開かれたコミュニケーションの拠点としての旅館
    施設に訪れる人々が街のコミュニティに気軽に繋がれるよう、街路に面したガラス張りのエントランス、ロビーを設けています。
  2. 多様な人々を受け入れる
    バラエティに富んだ客室デザイン
    4・3・2 ベッドルーム、コネクティングルームと、多様な種類の客室を用意することで、さまざまな属性の人々が宿泊できる施設とします。
  3. 無人の旅館運営をサポートする、
    わかりやすい動線計画
    基本無人で運営されるため、各共用部や部屋までの動線はシンプルにわかりやすいものとしています。
  1. 街に開かれたコミュニケーションの拠点としての旅館
    施設に訪れる人々が街のコミュニティに気軽に繋がれるよう、街路に面したガラス張りのエントランス、ロビーを設けています。
  2. 多様な人々を受け入れる
    バラエティに富んだ客室デザイン
    4・3・2 ベッドルーム、コネクティングルームと、多様な種類の客室を用意することで、さまざまな属性の人々が宿泊できる施設とします。
  3. 無人の旅館運営をサポートする、
    わかりやすい動線計画
    基本無人で運営されるため、各共用部や部屋までの動線はシンプルにわかりやすいものとしています。

庭園を軸にした地域景観の再編

地域の植生を生かした庭園と、庭園と一体となった木造旅館を作ることで、一帯の景観を再編成し、地域全体の魅力向上につなげます。

既存の植生を生かした敷地内の和庭園が、地域の景観を継承しながらも再編し、地域の新しい顔として別所温泉街の賑わいに寄与します。

庭園を軸にした地域景観の再編

庭園を軸にした地域景観の再編

庭園を軸にした地域景観の再編

地域の植生を生かした庭園と、庭園と一体となった木造旅館を作ることで、一帯の景観を再編成し、地域全体の魅力向上につなげます。

既存の植生を生かした敷地内の和庭園が、地域の景観を継承しながらも再編し、地域の新しい顔として別所温泉街の賑わいに寄与します。

伝統工芸を取り入れた地域との連携

伝統工芸を取り入れた地域との連携

地域が育んできた伝統工芸品などをインテリアに取り入れることで、地域の伝統産業のサスティナブルな運営の足がかりを作ります。

この場所ならではの空間を作るとともに、地域産業との連携の拠点となる旅館を作ります。

伝統工芸を取り入れた地域との連携

伝統工芸を取り入れた地域との連携

地域が育んできた伝統工芸品などをインテリアに取り入れることで、地域の伝統産業のサスティナブルな運営の足がかりを作ります。

この場所ならではの空間を作るとともに、地域産業との連携の拠点となる旅館を作ります。

アクセス

別所温泉緑屋
住所:長野県上田市別所温泉225
 電車でお越しのお客様
【上田電鉄別所線 別所温泉駅下車】
東京から
北陸新幹線 → 上田駅 → 上田電鉄別所線 → 別所温泉(約1時間40分)

GoogleMap

別所温泉緑屋
住所:長野県上田市別所温泉225
 電車でお越しのお客様
【上田電鉄別所線 別所温泉駅下車】
東京から
北陸新幹線 → 上田駅 → 上田電鉄別所線 → 別所温泉(約1時間40分)

GoogleMap